秋のクラフトピクニック あがたの森公園

今年も秋のクラフトピクニックに出店します。

みつろうを溶かした大なべに、芯を入れたり出したりして

ろうそくを太らせていくみつろうキャンドル作り(¥1100~)や

貴重な和みつろうを入れてつくる和みつろうクリーム(¥1600)を作り、お持ち帰り。

制作時間は20分から40分くらいです。

手仕事の楽しみ、豊かさ、アートな自分との出会い、笑顔が一杯の広場。

ビークラフトSUBAKOでは、みつろうならではの優しさと、温もり、香り、肌触りとの出会いを楽しんでくださいね。

木工、皮革、わら、和紙、ほうきなど、ほかにも

素敵なアートのお店がたくさん。

ご家族連れでお出かけしましょう。

*****************

第14回 クラフトピクニック  子供と子供だった私たちのクラフトピクニック

2015年10月17日(土)~18日(日)

10:00~16:00  あがたの森公園 芝生の広場

 

 

 

クラフトピクニック2013@あがたの森

地元のクラフトマンたちが集まって

楽しいワークショップがおもちゃ箱のように広がる

秋の「まつもとクラフトピクニック」2013

今年は、「BeeクラフトSUBAKO」として

2つのワークショップのために参加しました。

オーストラリアのオーガニック認証を受けたピュアなオイルと精油と

採れる量が少ない、貴重な日本ミツバチのみつろうを使った手作りクリームのワークショップ

そして、みつろうをとかしたお鍋にろうそくの芯を出し入れして、

キャンドルをゆっくり太らせていく

ディップ式の手作りキャンドルのワークショップ

手仕事、みつろう、みつばちが大好きな人たちが訪れてくれました。

 

キャンドル作りは、ときには思い通りにいかないので

ここがまた面白いところなのです。

まっすぐにのびたキャンドルでなくても

下のほうが太っていなくても

時間をかけて作った自分だけのキャンドルであることにに変わりはなく

できあがったろうそくを、とっても嬉しそうに持ち帰る後ろ姿。

 

学生さんらしい女の子が、できあがったろうそくを楽しそうに手にして

「希望の高校に合格したら、このろうそくに火をつけます!」

と笑顔で帰っていきました。

中学3年生だったんですね。

(きっと願いが叶って火がともりますように・・)

のんびりのびのびとした空間の広がりが

アートな時間を創り出して

春のクラフトフェアとセットで、毎年遠方から訪れる方も多いと聞きます。

クラフトピクニックのスタッフさんはじめ

来てくれたみなさん、親切にしてくださった参加者の皆さん、ありがとうございました。