みつろうラップのみつろうってなに?

みつろうラップは、布にみつろうをしみこませたエコグッズ。

みつろうという言葉を初めて聞く方もいるかもしれません。

みつばちたちが、からだから分泌するものが、みつろうと呼ばれています。

卵を産んだり、子供を育てたりする部屋や、ハチミツを蓄えるためのお部屋の材料を、からだから分泌して、じぶんたちで作っているのです。

巣の材料であるみつろうは、養蜂者がはちみつを採り終えた巣などを溶かして不純物をとりのぞいたもので、殺菌する力があり、水に強く、熱加工しやすいので、わたちたちの身の回りでも、昔から様々な用途に使われていました。

たとえば、今なら口紅やクリームなどの化粧品や、クレヨン、ろうそくなどに使われています。昔は、仏像などをつくるときに使われていたそうです。

みつろうラップが生まれたのは、私たちの捨てるプラスチックごみが増えた結果、環境に負荷がかかり、海に広がるマイクロプラスチックなどの環境問題が浮上したことなどがきっかけです。

みつろうをしみこませた布は、包んだものを保湿し、一時的に保存するのに便利なものとして、プラスチックラップの代用品として、日本でも少しづつ認知されるようになりました。ピラミッドの中のミイラは、からだの部分に布が巻かれ、溶かしたみつろうがしみこんでいました。長期間の保存に向くことを当時の人たちは知っていたのでしょう。

みつろうラップは、オーブンや電子レンジの使用や、油分の多いものをつつむのには向きませんが、今までの生活を見直し、捨てずに使いまわす循環型の暮らしに気づくきっかけを与えてくれます。

みつばちたちの暮らしは、厳しい自然の中でも、みごとに循環しています。

そんなみつばちからの贈り物を、みつろうラップに託して一人でも多くの方に知っていただき、使う楽しさとともに、ハッピーな循環が広がっていくことが、SUBAKOの大きな喜びでもあります。

なお、当店のみつろうラップに使われているみつろうは、国産の西洋ミツバチのものを使用しています。

今回は、オクラを包みましょう。

さっと包んで、手のひらでぎゅっとすると、体温で野菜になじんでくれます。野菜は汗をかくことなく冷蔵庫で長持ちしてくれます。

 

 

 

夏の紫蘇(しそ)ジュース

暑中お見舞い申し上げます。

今日も子育てと蜜集め。元気に巣から飛び立っていくミツバチの夏。

朝早くから夕方遅くまでフルタイム稼働のみつばちを見守るため、店主も強い日射しの中、みつばちの様子を見に出かけます。

帰宅後のハニードリンクは、からだのほてりを鎮め、夏バテを遠ざけ、元気にしてくれるので夏場はかかせません。

この夏、あなたはどんな飲み物を飲みますか?

 

赤しそが出回り始めると、我が家では毎年いただく紫蘇ジュース。

酸味があり、はちみつの甘みを使っているので、体力の回復が早く、その鮮やかな美しい色が、ますます元気にしてくれる魅力的でかんたんな夏のドリンクです。

**************

<赤しそシロップ2リットル分>

*材料 赤しその葉 300g 水2リットル はちみつ600g クエン酸25日g

(あれば青紫蘇の葉4枚くらい)

*作り方

1.赤しその葉を摘み、よく水洗いする

2.お湯を沸騰させた大きめの鍋に、数回に分けて1を入れる。

3.1を全部入れて再度沸騰したら、中火で煮出し(約15分)、粗熱がとれたら鍋からザルに移し、鍋の液を漉す。この時、青紫蘇の葉を入れると、風味が増します。ざるに残った紫蘇の葉は、ゴムベラで押し付けて絞る。

4.濾した液にはちみつを入れ、よくかき混ぜる。

5.クエン酸を加え、よく混ぜて、完全に冷えるまで待つ。

*絞った紫蘇の葉も活用できます。

少しづつ広げて電子レンジで乾燥させ、カラカラにします。

塩漬けのキュウリなどにまぜると、柴漬けに。

粉状にして塩やゴマと合わせると、おにぎりなどに使える紫蘇のふりかけになります。

*保存の仕方

シロップなので、一度作っておけば長い間使えますが、冷暗所に置くか、冷蔵庫に保管して、早めに飲み切りましょう。

*使い方

・そのままヨーグルトやかき氷、アイスクリームにかけます。

・水やソーダで割って、または氷を浮かべて好みで薄めます。ミントの葉を浮かべたり、レモンを絞ったりすると、一段と爽やかです。

・寒天で固めると、美しい宝石のようなデザートになります。

****************

ぜひお試しくださいね。

SUBAKOのアカシアはちみつを使っています。

 

用途いろいろみつろうラップ

エコで楽しいみつろうラップの使い方

まずは使ってみることから始めましょう。

たとえば

小さめサイズなら、お野菜を包むことから。

ネギやしょうがの使いかけを冷蔵庫にしまうときに、みつろうラップに包んで、手のひらで押さえます。

お野菜がなくなったらこすらずに水道の水で軽く洗い流してください。

みつろうは、お水をはじきますから、お水をはらってちょっと乾かせば

すぐにまた使えます。

今日は、グレープフルーツのゼリーを作ったので、ミニサイズラップでふたをしました。

使えば使うほど、慣れてきて、ごみもがでなくなる生活が楽しくなってきます。

 

BBQに大活躍 大人のジンジャエールの作り方

バーベキューといえば、お酒。

わたしはお酒を飲まないのですが、ステーキやBBQとなると、炭酸ソーダのようなさっぱりした飲み物が好きです。

今回は、かなりスパイシーな大人のジンジャエールを作ってみました。

甘みには砂糖でなくはちみつをたっぷり使うところにもこだわりました。

お酒を飲めない人や男性にもかなり好評。

すっきり目覚めない朝に、コップ1杯飲んだら

からだじゅうの細胞が、目を覚ましますよ。

**********************

<大人のジンジャエールの作り方>

*材料 A生姜500g ハチミツ500g シナモンスティック1本

   クローブ10粒 スターアニス5個 赤唐辛子 2本 黒粒コショウ10粒

   B 生姜100g レモン2個 はちみつ2と1/2カップ 

*作り方 

①Aの生姜を皮付きのまますりおろす。(スライスでもよいのですがすりおろすと格段に大人味になるので、ここは手を抜きません)レモンは4つ切りにする。

②大きめの鍋にAをすべて入れ、水2と1/2カップを加え火にかけます。沸騰してきたらアクをとり、弱火で煮て(約30分)冷ましておきます。
スパイスは全部なくてもかまいませんが、シナモンスティック、とうがらし、黒コショウはできれば入れたいアイテムです。

③粗熱がとれたらB(しょうがはスライス)を入れて混ぜ、煮沸消毒した瓶に入れます。1か月くらいは常温で保存できます。そのあとは、レモンをとりのぞき、冷蔵庫へ入れ早めに使いましょう。

*飲み方

コップに茶こしなどを置き、シロップ大さじ2ほどをいれて濾して、炭酸などで割って飲みます。1か月ほどおいたものは、ざるなどで濾して、清潔な瓶で保存します。

*絞った生姜の利用法

スパイスをとりのぞいてから、そのまま食べても美味しいですし、お肉の下ごしらえなどに使うと、生姜とはちみつの甘みも加わって味に深みが増します。夏のカレーにもお試しください。

***********

手作りのジンジャエールで目覚めた体で、元気な夏を!

 

肌がかぶれたときのお助けグッズ

新緑の上高地を楽しんできました。

この季節は小鳥たちの声がよく聞こえて歩く足取りも軽くなります。

その場所ならではのおもてなしの笑顔や会話だったり、食べ物だったり、出逢いの旅は楽しいものです。

旅がより豊かなものになるかどうかは、体調や、髪やお肌の調子だったり、荷物だったり、靴や服装が心地よいものであることは、はずせない要素ですね。

困ったときはコレ、というお気に入りやお助けグッズをおもちですか?

旅へ出かける前に、アレがあると安心だから忘れないで持っていきたいというもの、どなたもひとつはお持ちだと思います。

 

今回の旅のかばんに入れたアレ、のお話。


お風呂に備え付けの石鹸やシャンプーやリンス、化粧品。

ときどき肌に合わないことがあるので、いつも使っているものを小瓶にいれてもっていくことにしています。

入れたつもりのシャンプーとリンスが、荷物に紛れ込んでしまって見つからない。お風呂の時間も限られていたので、諦めてそこにあったものを使いましたら、夜から首のあたりがかゆくなってきました。鏡を見ると赤くなっています。かゆみって気になりますよね。とくに寝ている間に掻いてしまいます。

そういえば、こんなときに助けてくれるクリームを持ってきたことを思い出して塗ったら、かゆみがおさまって安心して眠れました。

翌日は、赤味も少しひいてきて、痒みが楽になったのが何より嬉しくて。

痒くことで、お肌がますます傷つきますから、痒みは真っ先におさえたいものです。おかげで、痒みや赤味が広がることなく翌日も、快適に楽しむことができました。

SUBAKOの和みつろうクリーム、忘れないで旅行バッグに入れてきてよかったです。

思い出に残る楽しい旅を!

 

はちみつの贈り物

日頃の感謝のきもちを伝えたいとき

その人を思い浮かべる。

いつもありがとう。

そして

元気でいてください。

 

笑顔とハートをかたちにする贈り物。

 

真心こめてお包みします。

気持ちはリボンで結んで。

 

お熨斗やサンキューカードなど、できる限りご希望に沿うよう心掛けております。

ご希望がございましたら、遠慮なくお申し付けください。

 

 

春のはちみつ れんげ

可憐な姿のレンゲソウ(蓮華草)。
田んぼといえばどこでも咲いていたお花でした。

今はその姿も減って、国内で採れるはちみつも少なくなりましたが、その懐かしい味は根強い人気です。

年によって味も香りも個性をもつはちみつですが

今年のレンゲ蜜は、まるでレンゲ畑にいるかのような香り高い後味とすっきりしたのどごしです。

販売開始いたしました。

どうぞお試しください。

 

信州花フェスタ2019 出店のご案内

会場の松本は「花いっぱい運動」の発祥の地だそうです。

天気の良い日は北アルプスも一望できる花の丘。

松本空港の飛行機の発着も運が良ければ見えるというビュースポット。

6/1、6/8は花フェスタの森カフェブースにて、出店いたします。

場所は大変広いので、だいたいの場所になりますが「森カフェ」ののぼり旗がみえましたらそのあたりを見回してくださいね。

6/1はメインゲート近くの広場、6/8は遊びの森(森の木陰のほうです)近くに出店予定です。(当日やむえず変更、中止の場合がございます)

春採れのれんげ蜜やみつろうラップなどもとりそろえてお待ちしております。

 

水仕事、庭や畑仕事の手のお手入れ

信州の松本平は4月後半~5月になるとようやく新芽が吹き、

屋外での作業もぐっとしやすくなり、お花や木への水やりや田畑おこし、苗の世話や植え付けなど、土や水を使う手仕事も増えてきます。

とくに土などは、乾燥して手が荒れやすいですね。

指先が乾燥して切れてしまったり、ささくれてしまったり、カラカラになってしまう前に、手軽に手のお手入れをしたいけれど、時間に追われて今日もするのを忘れてしまった、ということがよくあります。

忙しいときも、油分を補うだけでなく、皮膚の表面の傷や荒れを修復してくれるクリームがほしい。

SUBAKOの和みつろうクリームは、そんなとき頼りになります。

オーガニックのアロマオイルも配合されていますので、ふんわりとした香りに包まれます。また和みつろうを使っているから、その柔らかさと優しさに癒されます。

リッチな使用感なので、ほんの少しづつ手に取ってマッサージします。

手仕事は毎日のこと。

痛みなく能率よくお仕事ができる手を大切に。