夏の紫蘇(しそ)ジュース

暑中お見舞い申し上げます。

今日も子育てと蜜集め。元気に巣から飛び立っていくミツバチの夏。

朝早くから夕方遅くまでフルタイム稼働のみつばちを見守るため、店主も強い日射しの中、みつばちの様子を見に出かけます。

帰宅後のハニードリンクは、からだのほてりを鎮め、夏バテを遠ざけ、元気にしてくれるので夏場はかかせません。

この夏、あなたはどんな飲み物を飲みますか?

 

赤しそが出回り始めると、我が家では毎年いただく紫蘇ジュース。

酸味があり、はちみつの甘みを使っているので、体力の回復が早く、その鮮やかな美しい色が、ますます元気にしてくれる魅力的でかんたんな夏のドリンクです。

**************

<赤しそシロップ2リットル分>

*材料 赤しその葉 300g 水2リットル はちみつ600g クエン酸25日g

(あれば青紫蘇の葉4枚くらい)

*作り方

1.赤しその葉を摘み、よく水洗いする

2.お湯を沸騰させた大きめの鍋に、数回に分けて1を入れる。

3.1を全部入れて再度沸騰したら、中火で煮出し(約15分)、粗熱がとれたら鍋からザルに移し、鍋の液を漉す。この時、青紫蘇の葉を入れると、風味が増します。ざるに残った紫蘇の葉は、ゴムベラで押し付けて絞る。

4.濾した液にはちみつを入れ、よくかき混ぜる。

5.クエン酸を加え、よく混ぜて、完全に冷えるまで待つ。

*絞った紫蘇の葉も活用できます。

少しづつ広げて電子レンジで乾燥させ、カラカラにします。

塩漬けのキュウリなどにまぜると、柴漬けに。

粉状にして塩やゴマと合わせると、おにぎりなどに使える紫蘇のふりかけになります。

*保存の仕方

シロップなので、一度作っておけば長い間使えますが、冷暗所に置くか、冷蔵庫に保管して、早めに飲み切りましょう。

*使い方

・そのままヨーグルトやかき氷、アイスクリームにかけます。

・水やソーダで割って、または氷を浮かべて好みで薄めます。ミントの葉を浮かべたり、レモンを絞ったりすると、一段と爽やかです。

・寒天で固めると、美しい宝石のようなデザートになります。

****************

ぜひお試しくださいね。

SUBAKOのアカシアはちみつを使っています。