梅のはちみつ漬け

6月の梅仕事、今年は

ちょっと贅沢な梅のはちみつ漬けをご紹介します。

このはちみつ漬けからできるシロップは、とろりとした優しさがあり、

シロップはもちろん、はちみつをたっぷり含んだ梅の実も楽しみのひとつ。

食欲のないときや、病後の体力回復時、梅酒を飲めないちいさなお子さまに

すうっとからだに入っていく飲み物です。

冷たいお水でうすめたり、炭酸水で割ったりして

はちみつの殺菌力と梅エキスの相乗効果で自然の露のような貴重なシロップです。

 

<材料>

青梅1キロ

はちみつ1・8キロから2キロ

焼酎 50cc位(35度以上のもの)

<作り方>

①青梅はヘタを取り、よく洗う

②梅をよく拭いてから焼酎で洗う

③びんはよく洗い乾かして、ふたの裏などといっしょに焼酎を霧吹きしておく

④③に②を入れ、はちみつを入れ、瓶のふた、口元を焼酎で拭い密封し、冷暗、風通しの良いところに置く

*エキスが出きるのに半年以上かかります。使うのは翌年までのお楽しみ。

梅は取り出さずにおくと、ぽってりした梅はちみつとして上等なお茶菓子にもなります。