人気商品~カカオニブ~

美味しくて、健康になり、さらに美しくなる食べ物。
SUBAKOの売れ筋商品として、若い方に人気があるカカオニブ。
きょうはそのご紹介です。

*産地*

中南米・西アフリカ・東南アジアなどで栽培される熱帯植物カカオ。赤道周辺のごく限られた地域でなければ育ちません。カカオ豆の品種は、大きくわけて3種。そのなかで最も高級な品種といわれているのは「クリオロ種」。カカオの原種といわれるものです。病害虫に弱く、栽培が非常に難しい種類で、カカオの全生産量の1%にも満たないといわれています。
原種にこだわるSUBAKOでは、メキシコ産「クリオロ種」を扱っております。

*カカオニブって何?*

カカオは、チョコレートやココアの原料そのものです。
発酵・乾燥させたカカオ豆を加熱(プレロースト)して砕き、外皮と胚芽を取り除いて胚乳だけにしたものがカカオニブで、栄養豊富なスーパーフードとして知られています。

*からだにとってのメリット*

最近ではその健康効果が注目されるようになり、カカオニブには、ポリフェノール(アンチエイジング作用)やリグニン(便秘予防、大腸がん予防)、テオブロミン(自律神経調整作用)などの成分が含まれ、健康効果として動脈硬化の予防、ストレス軽減、リフレッシュ、抗酸化作用などに役立つといわれています。

*どうやって食べるのですか?*

チョコレートは健康に良いといわれているものの、含まれるお砂糖や添加物が気になるという方もいるのでは。
チョコレート大好きな方には、カカオのはちみつ漬けがおススメです。
高級ビターチョコのような風味にとりこになる方が続出。パンにのせても美味しいです。
また、パン生地やパンケーキに混ぜて焼いたり、ヨーグルトやシリアルに混ぜたりしてカリカリとした歯ごたえを楽しめます。
スムージーに加えると、砂糖の摂りすぎを気にせずにチョコ風味になります。
より純粋にカカオを楽しむなら、そのままナッツのように召し上がる方もいます(苦みをお好みの方)。

カフェインに似た働きをするテオブロミンが含まれているので、子供や妊娠中の方、授乳中の方は摂りすぎに注意しましょう。

*どんなときに食べていますか?*

食事として、おやつとしてはもちろんのこと、眠気覚ましのお供や、疲れた後のごほうびに。もうひと頑張りしたいときの休憩に。
はちみつ漬けは、頭をすっきりさせたいときにもおすすめです。

*SUBAKOのカカオニブと関連商品*
ちょっとしたお土産やプレゼントに喜ばれているカカオニブトリオ。バレンタインやホワイトデーのプレゼントにも喜ばれています。これではあっという間になくなってしまう!という方は、ご家庭にあるハチミツにカカオニブをいれるだけ。簡単にスーパーフードが食べられますよ。

カカオニブ
カカオニブトリオ

はちみつの贈り物

日頃の感謝のきもちを伝えたいとき

その人を思い浮かべる。

いつもありがとう。

そして

元気でいてください。

 

笑顔とハートをかたちにする贈り物。

 

真心こめてお包みします。

気持ちはリボンで結んで。

 

お熨斗やサンキューカードなど、できる限りご希望に沿うよう心掛けております。

ご希望がございましたら、遠慮なくお申し付けください。

 

 

春のはちみつ れんげ

可憐な姿のレンゲソウ(蓮華草)。
田んぼといえばどこでも咲いていたお花でした。

今はその姿も減って、国内で採れるはちみつも少なくなりましたが、その懐かしい味は根強い人気です。

年によって味も香りも個性をもつはちみつですが

今年のレンゲ蜜は、まるでレンゲ畑にいるかのような香り高い後味とすっきりしたのどごしです。

販売開始いたしました。

どうぞお試しください。

 

信州花フェスタ2019 出店のご案内

会場の松本は「花いっぱい運動」の発祥の地だそうです。

天気の良い日は北アルプスも一望できる花の丘。

松本空港の飛行機の発着も運が良ければ見えるというビュースポット。

6/1、6/8は花フェスタの森カフェブースにて、出店いたします。

場所は大変広いので、だいたいの場所になりますが「森カフェ」ののぼり旗がみえましたらそのあたりを見回してくださいね。

6/1はメインゲート近くの広場、6/8は遊びの森(森の木陰のほうです)近くに出店予定です。(当日やむえず変更、中止の場合がございます)

春採れのれんげ蜜やみつろうラップなどもとりそろえてお待ちしております。

 

かりんのはちみつ漬け

かりんをいただきました。
このあたりでは、諏訪湖周辺にマルメロの並木があり、マルメロのことをカリンという人もいるので、どっちのカリンなのか混同してしまう信州人なのですが、
かたちは楕円形で表面はつるりとしていて、白い毛がないことから、カリンでした。祖母がよく手作りの砂糖漬けをお茶うけにだしてくれました。生のままでは渋くて食べられませんが、その加工品は,咳や痰を鎮めのどの調子を整えるといわれますね。これをはちみつ漬けにしてシロップをつくり、のどが乾燥しやすい冬に備えることにします。

<材料>カリン2個 はちみつ600g~700g 1000㏄くらいの広口瓶 お茶パック1つ 柄の長いスプーンなど

<作り方>

①カリンはとても固いので切るときに注意します。縦に4つ割りにして、種を取り出します。ネバネバする種には薬効成分があるそうです。そのまま種だけまとめてお茶のパックにいれておきます。(横に切ったらどんな感じかな~、と切ってみたのが写真です)

②果肉は5ミリほどのいちょう切りにして、種の袋と一緒に煮沸消毒した瓶へ入れ、かぶるくらいまではちみつを注ぎます。かりんの香りを楽しみたい方は、アカシアなどくせのないはちみつが合います。(切った果肉を塩水につける場合は、ペーパータオルなどで水分を丁寧にふきとって瓶へ入れます)今回は塩水に入れずに漬けてみます。

③果肉は浮き上がってくるので、ときどき柄の長いスプーンなどで上下を撹拌して冷暗所におきます。はちみつを使うと、発酵しやすいので、ときどき面倒をみてあげて、2か月ほどたったら、ざるなどで濾して、きれいな瓶へうつします。

④お湯割り、炭酸割りなどでお楽しみください。