人気商品~カカオニブ~

美味しくて、健康になり、さらに美しくなる食べ物。
SUBAKOの売れ筋商品として、若い方に人気があるカカオニブ。
きょうはそのご紹介です。

*産地*

中南米・西アフリカ・東南アジアなどで栽培される熱帯植物カカオ。赤道周辺のごく限られた地域でなければ育ちません。カカオ豆の品種は、大きくわけて3種。そのなかで最も高級な品種といわれているのは「クリオロ種」。カカオの原種といわれるものです。病害虫に弱く、栽培が非常に難しい種類で、カカオの全生産量の1%にも満たないといわれています。
原種にこだわるSUBAKOでは、メキシコ産「クリオロ種」を扱っております。

*カカオニブって何?*

カカオは、チョコレートやココアの原料そのものです。
発酵・乾燥させたカカオ豆を加熱(プレロースト)して砕き、外皮と胚芽を取り除いて胚乳だけにしたものがカカオニブで、栄養豊富なスーパーフードとして知られています。

*からだにとってのメリット*

最近ではその健康効果が注目されるようになり、カカオニブには、ポリフェノール(アンチエイジング作用)やリグニン(便秘予防、大腸がん予防)、テオブロミン(自律神経調整作用)などの成分が含まれ、健康効果として動脈硬化の予防、ストレス軽減、リフレッシュ、抗酸化作用などに役立つといわれています。

*どうやって食べるのですか?*

チョコレートは健康に良いといわれているものの、含まれるお砂糖や添加物が気になるという方もいるのでは。
チョコレート大好きな方には、カカオのはちみつ漬けがおススメです。
高級ビターチョコのような風味にとりこになる方が続出。パンにのせても美味しいです。
また、パン生地やパンケーキに混ぜて焼いたり、ヨーグルトやシリアルに混ぜたりしてカリカリとした歯ごたえを楽しめます。
スムージーに加えると、砂糖の摂りすぎを気にせずにチョコ風味になります。
より純粋にカカオを楽しむなら、そのままナッツのように召し上がる方もいます(苦みをお好みの方)。

カフェインに似た働きをするテオブロミンが含まれているので、子供や妊娠中の方、授乳中の方は摂りすぎに注意しましょう。

*どんなときに食べていますか?*

食事として、おやつとしてはもちろんのこと、眠気覚ましのお供や、疲れた後のごほうびに。もうひと頑張りしたいときの休憩に。
はちみつ漬けは、頭をすっきりさせたいときにもおすすめです。

*SUBAKOのカカオニブと関連商品*
ちょっとしたお土産やプレゼントに喜ばれているカカオニブトリオ。バレンタインやホワイトデーのプレゼントにも喜ばれています。これではあっという間になくなってしまう!という方は、ご家庭にあるハチミツにカカオニブをいれるだけ。簡単にスーパーフードが食べられますよ。