梅のはちみつ漬け

6月の梅仕事、今年は

ちょっと贅沢な梅のはちみつ漬けをご紹介します。

このはちみつ漬けからできるシロップは、とろりとした優しさがあり、

シロップはもちろん、はちみつをたっぷり含んだ梅の実も楽しみのひとつ。

食欲のないときや、病後の体力回復時、梅酒を飲めないちいさなお子さまに

すうっとからだに入っていく飲み物です。

冷たいお水でうすめたり、炭酸水で割ったりして

はちみつの殺菌力と梅エキスの相乗効果で自然の露のような貴重なシロップです。

 

<材料>

青梅1キロ

はちみつ1・8キロから2キロ

焼酎 50cc位(35度以上のもの)

<作り方>

①青梅はヘタを取り、よく洗う

②梅をよく拭いてから焼酎で洗う

③びんはよく洗い乾かして、ふたの裏などといっしょに焼酎を霧吹きしておく

④③に②を入れ、はちみつを入れ、瓶のふた、口元を焼酎で拭い密封し、冷暗、風通しの良いところに置く

*エキスが出きるのに半年以上かかります。使うのは翌年までのお楽しみ。

梅は取り出さずにおくと、ぽってりした梅はちみつとして上等なお茶菓子にもなります。

 

 

 

 

はちみつ入りのパウンドケーキ

焼き菓子にはちみつを使ったパウンドケーキ。

甘味料としててんさい糖とはちみつを使ってみました。

材料(8.5×18.5×6cmのパウンド型)

バター  100g        はちみつ 50g        てんさい糖 50g

卵2個        アーモンドパウダー30g         小麦粉110g         ベーキングパウダー3g

ドライフルーツのラム酒漬け 50g

作り方

①バターを室温でもどし、小麦粉とベーキングパウダーを混ぜてふるっておく。

ドライフルーツのラム酒漬けは水分をきっておく。

②①を泡立て器でよく混ぜ、てんさい糖とはちみつを加えてふわふわになるまで混ぜる

③そこに卵を1個加えて混ぜてからアーモンドパウダーを加えよく混ぜ合わせる。

④③に卵を溶いて加え軽く混ぜたあと、残りの粉をいれ軽く混ぜる(粉っぽい状態でOK)

⑤④にドライフルーツを入れてなめらかになるまで混ぜる。

⑥焼き型にオーブンペーパーを敷いて⑤を流し込み表面を平らにします。

⑦180度に温めたオーブンで20分、160度にして35分位焼く。

160度にしてから10分ほどしたら表面に切れ目を入れるときれいにふくらみます。

⑧焼きあがったら型から出して冷めてきたら、乾燥を防ぐためにラップで密封する。

一日以上おくとしっとりし落ち着いて美味しくなります。

密封してあれば10日間はもちます。

ドライフルーツをたっぷりがお好みなら150gくらいにして

クルミをいれるとなお美味しくなります。

今回は贅沢に日本ミツバチの和はちみつを使ってみました。

もちろんほかのはちみつでも作れます。

冷めたものは、冷凍しておき、軽食がわりに持ってお出かけしましょう。

ドライフルーツをお酒に入れたものは、保存がききます。

パンやお菓子を焼く時に、一緒に入れてリッチな風味にするのも楽しいですね。

今回は、ドライフルーツをラム酒に漬けたものをいれてみました。

 

ドロップスコーンのはちみつがけ

 

ボールで混ぜるだけの簡単なスコーン。

外側はカリカリ中はふんわりしています。

あつあつのスコーンにハチミツをかけて食べたら

誰でも笑顔になりますよ

おやつやブランチにモテモテのスコーンです。

 

材料6~8個分

 

薄力粉 250g

ベーキングパウダー(アルミフリー)小さじ4

バター  50g

きび砂糖  小さじ1

卵  1個

プレーンヨーグルト  80~100cc

アカシアはちみつ又は日本ミツバチはちみつ

 

①     ボールに薄力粉とベーキングパウダーを入れ、

バターを親指くらいの大きさに切って手でもみ込んで

さらさらにします。

②    そこへきび砂糖、ヨーグルト、卵を入れて混ぜます。

混ざったところでおおさじのスプーンですくい

直径3,4センチくらいでオーブンのプレートに落として行きます。

真ん中が厚くならないように、スプーンで整えます。

③    190度に熱したオーブンで約12分焼き、焼きあがったらお皿にとって

アカシアはちみつや日本ミツバチのはちみつ(百花蜜)をたっぷりかけます。

 

*②の生地に粉チーズやカッテージチーズを加えると、また違う風味を楽しめます。
紅茶と一緒にどうぞ。

もっと美味しいレモンとはちみつのホットドリンク

レモンの香りが心を緩ませてくれる

ほっとするティーです。

(材料)

レモン汁 大さじ1(1/2個分くらい)

アカシアはちみつ 大さじ1

レモンのスライス 1枚

沸かしたてのお湯 カップ1杯

(作り方)

①レモンを半分に切ってタネをとりだし、しぼってカップに入れます。

②はちみつを入れて沸かしたてのお湯を注ぎます。

③レモンのスライスを入れてできあがり!

ひと手間を惜しまずに、レモン汁は、しぼりたてのもの、お湯も沸かしたてのものを使います。

はちみつは、ちょっといいものを。(アカシアはちみつは、くせがないので飲み物に最適)

レモンのスライスも浮かべると、ぐっとおしゃれな、飲み物になります。

 

~みつばちから広がる世界~

ハニーショップSUBAKO 信州の純粋はちみつ・和蜜蝋クリーム・ミツロウキャンドル

http://shopsubako.com/

青梅のはちみつ酒

こんにちは!

梅が出回る季節になりました.

今回は、くせのないアカシアはちみつを使って贅沢な青梅のはちみつ酒の作り方をご紹介します。

はちみつは、もちろんほかの種類でもどうぞ。

☆材料・・青梅1kg     はちみつ1~1.2kg 焼酎(35度)1.8リットル

☆作り方・・青梅は洗ってざるにあげ、水をよくきった後、一つづつ水分をとり

焼酎(分量外)でころがすように洗います。大きな瓶に焼酎洗いした青梅を並べ

はちみつをたっぷりかけます。焼酎を入れ、密閉して冷暗所におきます。3カ月後ころから飲めます。

じっくり待って6か月後ころからいただくのがおすすめです。

1年以上ねかせるとコクが増して味と香りの変化がたのしめます。

グレードアップした大人の梅酒を作りたいなら、焼酎の代わりに果実酒用のブランデーを使ってみてください。

さらに、もっと香り高い梅酒を飲みたいかたは、梅を2キロくらいにします。

そして熟して黄色くなってきた梅を使うと梅の香りを楽しめるのでおすすめです。

今回は、作ってわくわく、眺めて嬉しい、飲んで楽しい果実酒に、はちみつを使ってみました(^^)b。