はちみつ入りのパウンドケーキ

焼き菓子にはちみつを使ったパウンドケーキ。

甘味料としててんさい糖とはちみつを使ってみました。

材料(8.5×18.5×6cmのパウンド型)

バター  100g        はちみつ 50g        てんさい糖 50g

卵2個        アーモンドパウダー30g         小麦粉110g         ベーキングパウダー3g

ドライフルーツのラム酒漬け 50g

作り方

①バターを室温でもどし、小麦粉とベーキングパウダーを混ぜてふるっておく。

ドライフルーツのラム酒漬けは水分をきっておく。

②①を泡立て器でよく混ぜ、てんさい糖とはちみつを加えてふわふわになるまで混ぜる

③そこに卵を1個加えて混ぜてからアーモンドパウダーを加えよく混ぜ合わせる。

④③に卵を溶いて加え軽く混ぜたあと、残りの粉をいれ軽く混ぜる(粉っぽい状態でOK)

⑤④にドライフルーツを入れてなめらかになるまで混ぜる。

⑥焼き型にオーブンペーパーを敷いて⑤を流し込み表面を平らにします。

⑦180度に温めたオーブンで20分、160度にして35分位焼く。

160度にしてから10分ほどしたら表面に切れ目を入れるときれいにふくらみます。

⑧焼きあがったら型から出して冷めてきたら、乾燥を防ぐためにラップで密封する。

一日以上おくとしっとりし落ち着いて美味しくなります。

密封してあれば10日間はもちます。

ドライフルーツをたっぷりがお好みなら150gくらいにして

クルミをいれるとなお美味しくなります。

今回は贅沢に日本ミツバチの和はちみつを使ってみました。

もちろんほかのはちみつでも作れます。

冷めたものは、冷凍しておき、軽食がわりに持ってお出かけしましょう。

ドライフルーツをお酒に入れたものは、保存がききます。

パンやお菓子を焼く時に、一緒に入れてリッチな風味にするのも楽しいですね。

今回は、ドライフルーツをラム酒に漬けたものをいれてみました。

 

★ミツロウの日 プレゼント★

ミツバチたちの産物として代表的なものは

はちみつ、そしてもうひとつは、ミツロウです。

3月6日は、みつろうの日です。

ハニーショップSUBAKOでは、この日だけの限定プレゼントをご用意しました。

お買い上げ¥4000以上(みつろう製品を含む)のお客様は

送料が無料!

3月6日

楽しい、嬉しい、美しい、喜びにあふれたあなたの1日になりますように。

 

 

 

 

 

 

ドロップスコーンのはちみつがけ

 

ボールで混ぜるだけの簡単なスコーン。

外側はカリカリ中はふんわりしています。

あつあつのスコーンにハチミツをかけて食べたら

誰でも笑顔になりますよ

おやつやブランチにモテモテのスコーンです。

 

材料6~8個分

 

薄力粉 250g

ベーキングパウダー(アルミフリー)小さじ4

バター  50g

きび砂糖  小さじ1

卵  1個

プレーンヨーグルト  80~100cc

アカシアはちみつ又は日本ミツバチはちみつ

 

①     ボールに薄力粉とベーキングパウダーを入れ、

バターを親指くらいの大きさに切って手でもみ込んで

さらさらにします。

②    そこへきび砂糖、ヨーグルト、卵を入れて混ぜます。

混ざったところでおおさじのスプーンですくい

直径3,4センチくらいでオーブンのプレートに落として行きます。

真ん中が厚くならないように、スプーンで整えます。

③    190度に熱したオーブンで約12分焼き、焼きあがったらお皿にとって

アカシアはちみつや日本ミツバチのはちみつ(百花蜜)をたっぷりかけます。

 

*②の生地に粉チーズやカッテージチーズを加えると、また違う風味を楽しめます。
紅茶と一緒にどうぞ。

みつろうの秘密

ミツバチが作る六角形の巣、これがみつろうと言われます。

はちみつをもらったあとに残る巣は、私たちの歴史のなかに

古くから登場していて、現代では、クレヨンや石けん、化粧品やお薬のカプセル、ワックスなど、生活のなかでも安心できる自然の素材として活用されています。

みつばちは、蓄えたはちみつを食べてお腹のほうからロウにして分泌します。

そのロウを20分くらい噛み続けて、ミツロウにして、六角形の巣をつくり、そこに花粉やはちみつを蓄えたり、幼虫(赤ちゃん)を育てています。

10グラムのはちみつから1グラムのみつろうがとれるといわれています。

とても貴重な自然からの贈り物ですね。

そして、日本ミツバチの生息してる数は、西洋ミツバチと比べると、大変少ないのでとれるみつろうはほんの僅かで、

やわらかく、色は濃いイエローです。

はちみつをもらったあとの巣を、お湯で溶かして、ごみをとりのぞき、濾して固めたもので当店で販売しているものは

使いやすいようにチップになっています。

ハニーショップSUBAKOの和ミツロウクリームは、このミツロウを使用して、ひとつひとつていねいに作られています。

手作りで化粧品を作る方などに、ミツロウのみの販売もいたしております。

~感激です~

私たちが一番嬉しいときは、

我が子のように可愛い商品を、お客さまに喜んでいただくことです。

昨日はご購入されたお客様(Wさん)から、こんなお便りをいただきました。

************

早々にクリームと蜂蜜送っていただきましてありがとうございます

アカシア 百花蜂蜜はスプーンで食味 主人と美味しいと感激しました。

百花蜂蜜の濃厚さに百倍の力をもらったような気がしています。

これでこの冬が乗り越えられそうです。 和蜜蝋クリームもすごい力ですね。

唇も手も顔も足もすべすべになりました。 これから孫や娘 姉達にも試してみます。

感謝感激。 いつか松本に行きたいです。

50年前スキーのホームグラウンドは八峰尾根でした 大糸線で通いました。 懐かしいです・・・

***********************

Wさん、お声をいただきましてありがとうございます。

こちらこそ百倍の元気を頂戴しました。

アカシアはちみつ、日本ミツバチの百花はちみつ、和蜜蝋クリームは、

この冬大変喜んでいただいています。

 

~みつばちから広がる世界~

信州の純粋はちみつ・和蜜蝋クリーム・みつろうろうそく

ハニーショップSUBAKO

http://shopsubako.com/

 

 

 

 

はちみつが結晶がしたら

ここ松本では、市街地ではあまり雪はないものの

周りのアルプスは、雪で真白!

白く美しい景色が毎日見られます。

朝晩の冷え込みで、はちみつの種類や置く場所によっては

結晶化がすすみ、小さな結晶の粒ができて、外観はにごるように見えたり

固まってきたりします。

純粋な西洋ミツバチのはちみつに限ってのお話ですが

はちみつは、含まれるお花の種類や時期によって、結晶する時間に差があります。

たとえばアカシアは、果糖が多いので固まりにくい特徴があります。

固まりやすいのは桜、菜の花、レンゲなど。

ずっと戸棚のすみで眠っていて、ふたをあけたら固まっていて困ったというお話、よくききます。

いつも、食卓にハチミツを置いておけば、忘れられることはありません・・(笑。

スプーン1杯が一匹のミツバチの一生分。

どうぞそのはちみつを使いきってくださいね。

はちみつは、腐ることはありませんので、そんなときは40度くらいのお湯にゆっくりつけておきますと

豊富に含まれるミネラルが損なわれることなくお召し上がりいただけます。

当店では、はちみつの加熱は避け、自然のままの状態でお届けしております。

結晶をしていく過程は、まるで大理石や鉱石のようで、美しいです。

この過程をみることができる今の季節も、はちみつの楽しみ方のひとつ!

とおもったりします。

ご参考までに、日本ミツバチのはちみつのほうは、百花蜜と言われ、いろいろな種類の花蜜が

集められています。こちらは、結晶しやすく、結晶してもクリーミーです。

結晶してる途中のアカシアはちみつをご希望の方は、お申し込みの時にお伝えください。

ご用意できることがあります。

(期間限定になりますことをご理解くださいませ)

 

からだに優しく、食べて美味しく、眺めても美しい

ハニーショップSUBAKOのアカシアはちみつ

http://shopsubako.com/

 

 

受験生に最適な食べ物・・はちみつ

冬は空気が乾燥する季節、

そして受験生が追い込みをかける時期でもありますね。

朝、良質のはちみつをひとさじ

舌下に含んで

お口のなかでゆっくり溶かすと、脳がいきいきと働き始めます。

受験シーズンで睡眠不足だったり、朝起きられないときや

朝食欲がないとき

朝ごはんを食べる時間がないとき・・

はちみつは、体内への吸収が早いので、消化器の負担も少ないから

胃腸の調子が今一つだなとというときも

安心して召し上がってください。

大人のかたも、二日酔いのときなどに。

はちみつは、口にしてから10分で血液中に取り込まれ

エネルギー源に変わります。

素早く最大のエネルギーを引き出してくれるので

体力を消耗しているスポーツ選手などにもよく使われていますね。

脳を集中的に使っている受験生の皆さん、

最後の追い込みに、はちみつを味方にして

希望を叶えてくださいね。

*~はちみつから広がる世界~

信州の純粋はちみつ・日本ミツバチのみつろう「SUBAKO和蜜蝋クリーム」・みつろうキャンドル

ハニーショップSUBAKO http://shopsubako.com/

もっと美味しいレモンとはちみつのホットドリンク

レモンの香りが心を緩ませてくれる

ほっとするティーです。

(材料)

レモン汁 大さじ1(1/2個分くらい)

アカシアはちみつ 大さじ1

レモンのスライス 1枚

沸かしたてのお湯 カップ1杯

(作り方)

①レモンを半分に切ってタネをとりだし、しぼってカップに入れます。

②はちみつを入れて沸かしたてのお湯を注ぎます。

③レモンのスライスを入れてできあがり!

ひと手間を惜しまずに、レモン汁は、しぼりたてのもの、お湯も沸かしたてのものを使います。

はちみつは、ちょっといいものを。(アカシアはちみつは、くせがないので飲み物に最適)

レモンのスライスも浮かべると、ぐっとおしゃれな、飲み物になります。

 

~みつばちから広がる世界~

ハニーショップSUBAKO 信州の純粋はちみつ・和蜜蝋クリーム・ミツロウキャンドル

http://shopsubako.com/

クラフトピクニック2013@あがたの森

地元のクラフトマンたちが集まって

楽しいワークショップがおもちゃ箱のように広がる

秋の「まつもとクラフトピクニック」2013

今年は、「BeeクラフトSUBAKO」として

2つのワークショップのために参加しました。

オーストラリアのオーガニック認証を受けたピュアなオイルと精油と

採れる量が少ない、貴重な日本ミツバチのみつろうを使った手作りクリームのワークショップ

そして、みつろうをとかしたお鍋にろうそくの芯を出し入れして、

キャンドルをゆっくり太らせていく

ディップ式の手作りキャンドルのワークショップ

手仕事、みつろう、みつばちが大好きな人たちが訪れてくれました。

 

キャンドル作りは、ときには思い通りにいかないので

ここがまた面白いところなのです。

まっすぐにのびたキャンドルでなくても

下のほうが太っていなくても

時間をかけて作った自分だけのキャンドルであることにに変わりはなく

できあがったろうそくを、とっても嬉しそうに持ち帰る後ろ姿。

 

学生さんらしい女の子が、できあがったろうそくを楽しそうに手にして

「希望の高校に合格したら、このろうそくに火をつけます!」

と笑顔で帰っていきました。

中学3年生だったんですね。

(きっと願いが叶って火がともりますように・・)

のんびりのびのびとした空間の広がりが

アートな時間を創り出して

春のクラフトフェアとセットで、毎年遠方から訪れる方も多いと聞きます。

クラフトピクニックのスタッフさんはじめ

来てくれたみなさん、親切にしてくださった参加者の皆さん、ありがとうございました。